今年度(2016年12月)の眼科医療援助についてのお知らせ

今年度(2016年12月)の眼科医療援助についてのお知らせ

2016年7月1日(金)21時30分頃(日本時間2日未明),バングラデシュ首都ダッカ市内のレストランにおいてイスラム過激派組織に属する数名の武装グループが人質を取って籠城し,日本人7名を含む約20名を殺害,多数が負傷する事件が発生しました。

他にも,今年に入ってからだけでも,インドネシア,トルコ,ベルギー,米国等,世界の様々な地域において,テロ事件が発生しています。日本人・日本権益が標的となる可能性もあります。

今回の事件を受け、POSAとしましても安全面を考慮した結果、目立った行動は控えるべきと判断いたしました。去年に引き続き、今年度も日本からの医師、看護師、視能訓練士、学生等の眼科医療援助(アイキャンプ)の参加を見合わせることにいたしました。

将来、現地の状況が安定しましたら再開しようと思っておりますのでそれまで気長に見守って頂けると幸いです。再開までは現地スタッフによる眼科医療援助を継続して行います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。